スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪の長谷寺・・・そして帰途

室生寺から長谷寺へ向かうと雪は一層降ってきました

お昼を参道の「田中屋」で軽く済ませていよいよ長谷寺観光です

毎年2月14日の長谷寺は「だだおし」という修二会の行事があり、
今回の奈良の旅はこれが目的で予定を組みました

東大寺二月堂の有名なお水取り(修二会)は
本来一ヶ月ほどその行が行われますが、
長谷寺ではコンパクトに、それも3時間ほどに凝縮してあります
(この凝縮の表現が正しいかどうかは無知ゆえお許しください)


長谷寺は西国三十三所巡礼のお寺、
そして四季を通じてその景色を楽しめる場所で有名です
↓この回廊もまた風情があって来訪する方々の期待を高めます
IMG_4665.jpg



長い屋根つきの回廊の脇には傘をかぶった牡丹が丁度咲いており
雪が降って益々良い感じ
この偶然のシチュエーションに大感激
IMG_5410_1.jpg IMG_5408_1.jpg

階段を登り切ると本堂です
雪の中、火も焚かれお祭りムードが漂っています
IMG_4673.jpg


15時からの開始に人もだんだん多くなってきましたが、
それと共に雪も本降り
本堂から観る五重塔もだんだん薄らいできました

IMG_5432_1.jpg
でも絶景でしょ?

降りしきる雪の中、手先や足先はモチロン寒いのですが
不思議と体は暖か、着物だから?
真冬のスキーを思い出す感じです

さて初めてのだだおし見物、雪が降っていたので外での観覧をやめ、
牛玉(ごおう)札を買ってお座布団が敷かれた堂内へ入れて頂きました
これで少し足の冷たさをしのげますし、行も近くで拝見することが出来ます
IMG_4687.jpg


真言宗豊山派の宗門の代表が堂内に入られ、行の始まりです
IMG_4723.jpg

護摩の火が焚かれます
IMG_5455_1.jpg
檀信徒による声明が堂内に響き渡るなか、
五宝物が解かれて祭壇に並べられます

散華も行われ、高揚感が増します
IMG_4730.jpg

いよいよこれからだだおしのメイン、鬼の登場
IMG_5465_1.jpg

ここでTime up

帰りの新幹線に間に合わなくなりそうでしたので、
泣く泣く途中で抜けてきました

実はこの後、鬼達が火を持って堂内を駆け巡る大イヴェントが行われる予定で、
それを楽しみにしていたのです(泣)

途中で抜けたの本当に残念でしたが、
ツアーで新幹線の時間が決められているので
どうしようもありません。

降りしきる雪、夕方の大渋滞、
これを抜けて京都まで車で向かわなくてはいけません!

途中までは高速も使え、
なんとか時間も間に合いそうに車も進んでおりましたが、
雪が思った以上に降り、遂に高速道路は通行止め



あぁ・・・・京都が遠のく・・・新幹線に乗れるのか?? 家に帰れるのか???



もう不安で一杯、心臓バクバク
雪道は何処も大渋滞、
奈良の道は細く 路肩に車輪がハマって動けなくなった車を何台も見て
本当に怖くなりましたが、運転手の私、しっかりしいないと!!

でもレンタカーも返さないとイケないし
いくら気合を入れたところで、この雪と渋滞にパニック
(この状況を思い出す今もバクバクになりそう!)

結局ツアーで取った新幹線は諦めざるを得なく、ゴミとなりますた。。。



計画していた時間から遅れることおよそ2時間、ようやく京都に着きました

携帯から新幹線のチケットを取れるEX予約の会員でしたので(会員だったことを心から良かったと思います)
渋滞はまる中、最終一本前の新幹線の座席を確保、
なんとか無理言ってレンタカーも延長し、追加料金かかることもなく無事返しました

お夕飯も食べずに車を走らせたので、
京都駅構内の売店で、シャッター半分閉まりながら
冷たく残ったお弁当を買ってホームへ
(この日いつものように老舗弁当を予約しなかった私、何かの知らせが頭を過ったからでしょうか。。。)


「雪のため、遅れが生じておりまーす」のアナウンス
本当におうちに帰れるのかしら?とまたまたアドレナリン上昇

それでも無事乗った新幹線は途中減速はしたものの止まることなく
予定より40分遅れただけで新横に到着
在来線の最終電車にも間に合い、無事家に帰ることが出来ました

あんな降りしきる雪の中、
事故もケガもなく帰れたのは運が良かったと思うしか他ありません
長谷寺の牛玉札と一緒に帰ってきたかしら??
IMG_5469_1.jpg
雪の中、しっかりと牛玉札を抱いている わたし

この夜は東京にも雪警報が出され、
塀にはこんなにつもるアリサマ
IMG_4754.jpg
雪国から雪国に帰るとは思いませんでした



長谷寺ではあんなに興奮して楽しかったのに、
家に帰ってほっとしてぐったり




後日写真を見て改めて雪の怖さを思い知らされました

14時の五重塔   →   15時半の五重塔
IMG_5418_1.jpg  IMG_4739.jpg
普通、気がつきますよね、危ない!って。。。


こんな大雪の中その一部始終をカメラに収めた方は…
IMG_4682.jpg
あと30分つっ立っていたら雪だるまになり兼ねませんね!


ということで、
長谷寺のだだおし、雪の予報が出ている時は避けましょう


そして思い出し笑いが出来ることを幸せに思い、
だだおしの続きは来年以降のお楽しみになりました
















スポンサーサイト
[ 2011/02/22 08:00 ] 旅行・お泊り | TB(-) | CM(2)
お疲れさまでした。
菫さんのブログを拝見して、私までドキドキしちゃった。
冬の奈良は思いのほか冷えるんやけど
雪はあんまり降らないのよね。
あんなに降ったのは、3年ぶりくらいかな。
ホント、事故がなくてよかったね。

志津香さんの牡蠣フライ、わたし今年はまだ食べてないの(泣)
早く行かなくっちゃ!
[ 2011/02/22 23:15 ] [ 編集 ]
しをんさま
本当にご心配おかけいたしました。
今思うと、事故・怪我無く帰れたのが奇跡でしたねっ!

でもね、と~っても楽しかったっていうのもわかって頂けるでしょ?
雪はまたその楽しさを倍増させてくれたので
調子に乗ってしまったんです。
もちろん反省もして(!?)います。。

だだおし、また再チャレンジしますので
一緒に行きましょうね!

[ 2011/02/23 08:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問者数
プロフィール

菫

Author:菫
日本の装美学院 森田空美流着付一級講師
着付けを出張(神奈川・東京)でお教えしております
お問い合わせのメールはこちらへ↓どうぞ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。