スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気温差10℃

美術館にお出かけの日、その翌日の気温差は10℃でした






20℃越えの日、さらっとしたきもので出かけようと思い
朝、一緒に出かける主人のきものと合わせて選んでいました
主人のは先に決まったのですが
自分のがなかなか決まらず、黒の大島や牛首など
どうもしっくりこなくて悩んでいました

箪笥の下の方の引き出しを空けて出てきたのがこちら↓
義祖母に呼ばれたようにこの龍郷大島に手がのびました
IMG_3090.jpg
帯はすっきり白グレーの縫締め絞り
帯締めは道明さんの常組
お襦袢はまだ早いかと思いましたが塩瀬の襟をつけたミライ襦袢にしました

ザ・絣、しかも龍郷大島はニシキヘビの柄がとても大胆です
まだ真綿糸が使われていた古い物ですが
着物として着られる状態にあることはとても幸せなことです

虫干し代わりにお天気の良い日に袖を通せて嬉しかった♪


さて打って変わって翌日は15℃を下回る北風の冷たい日
半日の短い滞在でしたが京都に行ってきました
IMG_3119.jpg

紬のベージュ地によろけた細竹の染小紋
帯は津田さんで
本来ならお単衣の羽織ですが、
あまりに寒くて袷の刺繍の羽織で行きました

京都ではない籐さんや西陣、それにタケノコ尽しも!
また詳細は次回に・・・





スポンサーサイト
[ 2013/04/20 20:00 ] きもの 袷 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者数
プロフィール

菫

Author:菫
日本の装美学院 森田空美流着付一級講師
着付けを出張(神奈川・東京)でお教えしております
お問い合わせのメールはこちらへ↓どうぞ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。