スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

半衿付け・男物の長襦袢

雨降りの日は決まってお裁縫
撮りためたDVDを観ながらのこの時間がとっても好きです
この日は主人の麻平織の長襦袢に塩瀬の衿をつけました
まだまだ汗ばむ単衣の時期に麻の襦袢は大活躍ですからね












用意する物は
アイロン、アイロン台(平置き)、半衿、バイアス衿芯、
裁縫セット(まち針、針、指ぬき、糸(木綿白)、半衿の色に合わせた絹糸、にぎり鋏)
IMG_0243.jpg
それから、針刺し事故は常におこりますので絆創膏は必需品ですよ!
ちょっとでも刺したら直ぐに貼れるようにお裁縫箱に必ず用意してあります
(何度も失敗してますから・・・)


針は和裁用を使っていますが、細くて糸通し穴が小さく扱いにくい場合もありますので
まずは手縫い用の洋針で十分だと思います

鋏は良く切れる物にしましょう
糸を斜めに綺麗にカットできると針穴にすんなり通ります
絹糸は特にばらけやすく鋏が悪いと針穴に通りにくくイライラします
糸通しもあると便利ですが、慣れれば使わなくても通ります


準備として衿芯と半衿はアイロンをかけておきます


先ず衿芯は長襦袢の衿幅に合わせてカットします(長さはそのままです)
IMG_0252.jpg
ウチの場合は4.8㎝ 衿幅が約5㎝ですので2㎜控えます


それを長襦袢の衿、表に付けます
IMG_0211.jpg
表を出して衿を自分の方に向けて置き、
身頃側を2㎜控えてまち針を背中心、衿肩あきと左方向へうちます
次に右方向へ衿先までまち針を打ちます


次に衿芯を衿に付けていきます
木綿の白糸を使います
二目落しで付けていますが、衿芯が堅いので慣れない場合は
一目落し(平しつけ)でも十分です
IMG_0217.jpg


次に半衿を用意します
糸は半衿の色に合わせた絹糸です
半衿の端をアイロンで1㎝くらい折り、二目落しで縫います
両端をこのように始末しておきます
IMG_0218.jpg

まず表側(身頃に付く方)から縫っていきますので
半衿は2,3㎝内側に折って中心を背中心に合わせてまち針で止めていきます
IMG_0221.jpg
ここでこの折り込みを深くしておく理由ですが、
汚れて付け替える時にこの折り込みを少しずつ浅くすれば
付け替える度に汚れた部分が衿の内側に入っていくので
洗ってもなかなか落ちない汚れも隠れます
男性の絹衿は結構良いお値段するので大事に使いたいですね


衿芯を2㎜控えて付けたところに二目落しで縫っていきます
IMG_0222.jpg

途中糸が足りなくなったら結び目を表にだして縫い目の間に出します
IMG_0224.jpg
IMG_0225.jpg
こうすれば糸を抜く時も簡単ですね


表が縫終わったら
次はお襦袢を裏に返し、衿を自分の方に向けます
半衿は衿を包んで余った部分を内側に折り込みまち針で止めます
IMG_0226.jpg
背中心から左方向、背中心から右方向の順でまち針で止めます


衿の内側はまつり縫いでとめていきます
IMG_0228.jpg
写真のように長襦袢の衿の方を沢山すくいます
こうすると半衿が浮かずにしっかりつきます


衿先側の縫い目は荒くても良いですが、衿肩あき~背中心はすこし細かくしておくと
首回りに綺麗に添います
IMG_0232.jpg


さぁ完了、綺麗に付きました
IMG_0235.jpg


男性のお襦袢に半衿を付ける時に衿芯を付けない方がほとんどだと思いますが、
出来れば付けた方が衿にシワが寄ることなく張りがあって綺麗です
衿芯は半衿を替える度にはずしません
柔らかくなって張りがなくなってきたら取り替え時ですので
一度芯を付けてしまえば暫くは短時間で半衿付けが完了します


それと主人の場合長襦袢の衿は衿もとがはだけないように衿が交差するあたりで紐を付けています
金属の物が市販されていますが、使い心地が悪いのでこれに落ち着いています
IMG_0237.jpg
主人の場合は腰紐も伊達締めもしない角帯だけで着付けをしていますから
お襦袢の衿がはだけやすいのでこの様にしています


最後に絹の半衿についてですが・・・
男性の場合衣紋を抜かないので半衿は女性よりも汚れます
以前はポリや綿、柄物なども使っていましたが
絹のきものを着ているのに半衿がポリだと雰囲気が壊れてしまうと思うのです
ですので袷用にはこの2色の絹の塩瀬に落ち着きました
IMG_2981.jpg
半衿は三浦清さんに色見本を渡して染めて頂いています
1斤の白生地代+染め代と最初はお値段かかりますが
一枚が1800~2000円くらいになりますから市販品を買わなくなりました


半衿付けは避けて通れないことの一つ
綺麗な仕上がりは美しい着付けの一歩となります
慣れるまでにはとても大変かと思いますが
「衿もとは要」
男性も女性も美しい衿もとを目指して頂きたいです



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

























スポンサーサイト
[ 2012/09/25 08:00 ] きもの 男物 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問者数
プロフィール

菫

Author:菫
日本の装美学院 森田空美流着付一級講師
着付けを出張(神奈川・東京)でお教えしております
お問い合わせのメールはこちらへ↓どうぞ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。